私たち柳井三和グループの各社には、創業者の河村三良が起業して以来、一貫した考えがあります。
それは、人々の移動を助けること。暮らしが便利で楽しく快適になること。近隣の町から求心力のある柳井で在り続けるために力を尽くすことです。これらを考えながら、この柳井市を中心とする地域に縁あったことを感謝し、60年余り営業してきました。
岩国藩の御納戸処である柳井地域は、古くから商都柳井と呼ばれています。幸いにも野趣豊かで、多くの島々や渦潮の発生する海峡が近隣に3か所もあります。 そのおかげで、美味で栄養豊かな鯛や鮃や瀬戸貝などの海産物、伊陸米や新鮮な種々の野菜、周防大島みかんや苺などのフルーツ、そして山口フラワーランドと花き振興センターを中心としバラやカーネーション農家などが散在しております。 また、住みよさランキングでも中四国地方で二番目に住みやすい地域と評価されてきました。この暮らしやすい環境を子々孫々にわたり維持増進する一助になれるように、「共に生きる、友に生きる」を目標として日々精進していく所存です。
お客様や地域の方々がさらに安心安全で快適に暮らすには、今、我が社として何ができるのかを常に念頭に置き、地域と共に365日営業して行ければと考えております。

昭和24年9月13日旭自動車工業株式会社設立 資本金 1,000万円
昭和30年9月27日柳井三和交通有限会社設立 資本金 450万円
昭和37年5月23日有限会社平生タクシー設立 資本金 325万円
昭和41年6月2日三和ガス株式会社設立 資本金 1,000万円
昭和46年3月22日柳井三和観光開発株式会社設立 資本金 1,000万円
平成11年10月27日有限会社中央タクシー設立 資本金 500万円
平成16年12月15日大平有限会社設立 資本金 800万円
平成26年6月1日新庄タクシー有限会社設立 資本金 300万円
平成31年2月6日柳井三和交通有限会社を「柳井三和交通株式会社」に社名変更
令和元年6月1日中央タクシー、新庄タクシーを柳井三和交通へ合併。経営統合。
ページのトップへ戻る